商品紹介

Root ZX3

一歩先のエンド治療へ

ZX3ルートは機能追加型の根管治療機器です。
基本機能である根管長測定機能は、使いやすさと精度を追求し、
より快適なエンド治療の実現に貢献します。

根管長測定

気温や湿度などの環境変化、経年変化によって生じる
測定値の誤差を自動で補正し、安定した測定精度を
保つオートキャリブレーション機能を搭載。
ドライでもウェットでも根管内の状態に影響されない
高精度な測定で治療をサポートします。

快適な操作性

・大きく見やすい液晶ディスプレイ
・リアルタイムでなめらかに動く40段階のバー表示
・聞き取りやすいサウンド
・iPad*での操作が可能(Bluetooth®接続)

bluetooth

*iPadはApple inc.の登録商標です。

高周波モジュールの追加

高周波モジュールを追加することでHFC(高周波通電)機能を実現。
歯髄の焼灼、根管内外の感染組織や汚染物質の焼灼が行え、
歯肉切除用のモードを選択することで、電気メスとしても使用可能です。
これまでの診療スタイルに取り入れやすい形で、治療の選択肢を広げます。

HFC(High Frequency Conduction:高周波通電)

高周波通電により、チップ電極の先端部と接触した部位を発熱させることで、組織の焼灼・凝固・切開を行うことができます。
根管長測定機能によって根管内のチップ電極の位置を設定し、フットスイッチを踏むことで1秒間のHFCが行えます。
また、麻酔が難しい場合を想定した、小出力の分割通電モードも搭載しています。

2タイプのチップ電極を付属。どちらでも根管長測定、HFCが行えます。

抜髄根管への応用

抜髄根管への応用
抜髄時にHFCを行うことで、
歯髄の焼灼が行えます。
焼灼によって歯髄は止血・
凝固されます。

感染根管への応用

HFCを行うことで根管内外の感染組織、
汚染物質の焼灼が行えます。
焼灼後、人体の治癒作用により
症状の改善が期待されます。

※術後の経過は画像を提供いただいた医院様での一例です。

根管治療への幅広い応用

HFCは未穿通部の感染組織の焼灼や、
根管内の肉芽の焼灼に応用可能です。
また、HFCで止血を行うことで、
より安定した根管長測定が行えます。

歯肉切除への応用

HFCは隔壁作成時、歯肉圧排時の
歯肉切除、歯肉息肉の切除にも
応用可能です。
切除と同時に止血されるため、
よりスピーディに治療が行えます。

画像提供 : 富永敏彦先生(とみなが歯科医院) 多田瑛一朗先生(とみなが歯科医院) 宮地秀彦先生(宮地歯科医院)

Specifications

Specifications

※上の画像をタップして拡大してご覧ください。

お問い合わせフォーム

STEP1 お客様情報→STEP2 記入内容の確認→STEP3 完了STEP1 お客様情報→STEP2 記入内容の確認→STEP3 完了

は必須入力項目です。 機種依存文字、半角カナはご使用にならないで下さい。

「Root ZX3」のお問い合わせ

お名前  

お名前は入力必須です。

メールアドレス

メールアドレスは入力必須です。

正しい形式のメールアドレスを入力してください。

メールアドレス(確認)

メールアドレス(確認)の入力は必須です。

確認用のメールアドレスが一致していません。

電話番号(携帯可) -  -  連絡のできる番号をご記入ください。

電話番号を入力してください。

電話番号は半角数字で入力してください。

職種

職種を選択してください。

貴医院・勤務先

勤務先を入力してください。

ご住所
郵便番号 -  

郵便番号は入力必須です。

郵便番号は半角数字で入力してください。

都道府県

都道府県を選択してください。

市区町村

市区町村は入力必須です。

丁番地

丁番地は入力必須です。

ご要望 (複数回答可)

ご要望項目を選択してください。

お問い合わせ内容

お問い合わせ(ご相談)内容を入力してください。

ササキWEBマガジンでは、イベント・セミナー情報をはじめ、皆様のお役に立てる情報を配信させていただきます。

※いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、責任をもって安全かつ適正に取り扱いいたします。