書籍のご案内

今月のピックアップ

1月度 書籍のご案内

  • デンタル エステティック コンセプト歯科技工士とともにつくる前歯部審美修復

    [著] 都築優治

    前歯部審美を獲得するために歯科医師と歯科技工士が共有するべきコンセプトが満載!!
    前歯部修復において審美性を獲得するためには、歯科医師と歯科技工士が知識を共有し、同一のゴールを目指す必要がある。本書は歯科技工士である著者によって執筆されたものであるが、その特長は“審美的な補綴装置製作”という枠には収まらず、より広い視点から前歯部修復において審美性を獲得するためのコンセプトがまとめられていることにある。そのため、歯科技工士はもちろん歯科医師にとっても非常に有用な一冊となっている。

    2021年01月10日
    A4判 220頁
    15,950円(税込)

  • 驚くほど臨床が楽しくなる!こだわりエンドサブノート

    [著] 吉川宏一 [著] 福地康生 [著] 栗原 仁 [著] 渥美克幸

    ここを理解すればエンドの臨床が楽しくなる! エンドを学ぶ歯科医師に贈る一冊
    30期以上続くJIADSエンドコースの講師陣が執筆! これからエンドを学ぶ歯科医師、そしてエンドの学び直しをする歯科医師に贈る、エンドの臨床を楽しくするためのトピックが盛り込まれた1冊。解剖から診断、根管形成、洗浄、充填や外科的歯内療法まで、エンドに関する1テーマを、主に1見開き完結で取り扱う構成となっている。読者の日常臨床に寄り添い、チェアサイドに置いていつでも活用していただけるサブノートである。

    2021年01月10日
    A4判 152頁
    11,000円(税込)

  • 生まれ変わっても歯科助手になりたいようこそ歯科業界へ!歯科で働く歓びがわかる本

    [著] 澤泉仲美子

    AI時代突入の今こそ、歯科助手が活躍する出番です!
    今、なぜ歯科助手なのか。AIの急速な発展で、歯科界もAIと共存共栄を図る時代になってきた。3,000名以上のデンタルスタッフ育成に携わってきた著者は語る。「新時代に突入し、歯科医院がAIと共存共栄するためには、よりホスピタリティーのある対応が求められる」と。歯科医院の中で唯一、特別な資格を持たない反面、多くの可能性を秘めている歯科助手に光をあて、新時代に歯科助手が活かせるスキルをギュッと動画にも凝縮!

    2021年01月10日
    B5判 144頁
    4,950円(税込)

  • 別冊 ザ・クインテッセンスYEARBOOK 2021 CR修復の臨床最前線
    臨床家15人の最新適応基準,コンサルテーション,治療テクニックとマテリアル

    [著] 青島徹児 [著] 秋本尚武 [著] 天川由美子 [著] 飯田真也 [著] 泉 英之 [著] 大谷一紀 [著] 須崎 明 [著] 高田光彦 [著] 田代浩史 [著] 樋口克彦 [著] 泥谷高博 [著] 辺見浩一 [著] 三橋 純 [著] 八木洋二郎 [著] 吉田健二

    CR修復の“今”を知る!
    その器材と技術が飛躍的な進化を遂げたことで、CR修復は現在、以前であれば補綴治療が適応となる欠損形態の回復や、審美的表現をも一部可能にしている。しかし、それには接着材料や器具、充填技術などの歯科接着に対する十分な理解と患者へのコンサルテーション、また患者のアドヒアランスも重要となる。本別冊は、これらの事項を斯界の重鎮および気鋭著者が症例とともに解説。さらに総論として2021年最新トピックス解説も掲載する。

    2021年01月10日
    A4判変型 214頁
    7,040円(税込)

  • Make the Dental mamelon!こだわりの前歯部精密修復

    菅原佳広 著

    告知とともに即満員の超人気講習会「マメロンセミナー」が待望の書籍化。マイクロスコープ下で行われる前歯部ダイレクトボンディングについて、豊富な写真やシェーマにより、ビジュアル的に解説している。なかでも、歯の内部構造であるマメロンを再現するなど、極限までこだわり抜いた精密で確実性の高い修復技法は、天然歯よりも自然感のある審美性の回復を実現する。本書のために撮影された数々の写真からは、器具の動きや当て方がよくわかり、まるで著者のライブデモを見ているかのよう。色調、形態、表面性状、経年変化などの細部に至る緻密な表現を本書から学び取り、ワンランク上の臨床を目指していただきたい。

    2021年2月1日
    AB判 102頁
    9,350円(税込)

  • はじめての小児の口腔機能・形態・成長若手歯科医師&歯科衛生士のための

    吉田章太 著

    子どもの口腔を診るうえで、口腔機能と形態、そして成長を、個々で観察して対応するのではなく、相互にかかわるものとして俯瞰して捉えることが重要です。これは歯科医師・歯科衛生士を問わず、欠かせない視点といえます。つまり、子どもたちの咬合形成を形態計測のみで診るのではなく、今後の成長量も考慮に入れ、そしてナラティブな対応を組み合わせて患者側に提示し、一緒に治療に取り組むことが必要です。本書はその手引き書として、多くの歯科医師・歯科衛生士に活用いただける、小児歯科臨床の幅を広げる一冊です。

    2021年2月1日
    AB判 136頁
    6,930円(税込)

  • 口腔がん早期発見のための口腔細胞診入門歯科医院で取り組むLBC

    田沼順一・松坂賢一 編著

    一般歯科医院で簡単に行えるLBC検査方法と各疾患・病変の症例をまとめた実践的入門書.近年,口腔がんの早期発見手段として注目されている液状化検体細胞診(liquid based cytology:LBC)は,患者さんに低侵襲であるとともに一般歯科医師や研修医などの未経験者や初学者でも簡単に行えて,保険点数も算定できることから早期普及が望まれます.そこで本書は,歯科医院におけるLBC実践と,判定結果が検査機関から報告された際の患者さんへの説明に活用できるようまとめました。

    2020年12月
    A4判 120頁
    6,600円(税込)

  • 子どもとその口腔の診かた口腔機能発達不全に向き合うための視点

    田村文誉 編著

    口腔機能の専門家が家族と一緒に「子育てをする」ためのガイドブック.「子ども」と「保護者」を支援するのに役立つ一冊。

    2021年1月
    A5判 120頁
    3,960円(税込)

  • 臓器別がん標準治療に即した周術期口腔機能管理

    白砂兼光 監修/吉岡秀郎 編

    がん治療法の理解を深め,種々のがん治療に応じた口腔機能管理法を学ぶ歯科医師,歯科衛生士のための実践書。

    2021年1月
    AB判 120頁
    5,940円(税込)

  • 歯科衛生士のための全身疾患ハンドブック

    橋本賢二・増本一真 編著

    口腔と関連の深い全身疾患にスポットを当てたベストセラー『デンタルハイジーン 別冊 診療室・多職種協働の現場で活きる! 歯科衛生士のための全身疾患ハンドブック』をバージョンアップして,書籍化.各疾患の解説を最新ガイドラインに合わせて見直したほか,「高齢者の身体機能低下」,「周術期口腔機能管理」,「新興感染症(Covid-19,SARS,MARS))」,「救急救命とAED」,「モニター・バイタルサインの読み方」などを新たに解説した,歯科衛生士の臨床に必ず役立つ一冊。

    2021年1月
    B5判 180頁
    3,520円(税込)

  • 月刊「歯科技工」別冊 Digital Labo Style実例から学ぶラボのデジタル化

    伊藤彰英・菅原克彦 編

    デジタル機器の紹介や使用法・管理法を解説するだけでなく,デジタル機器導入後の使用感や改善点,経営の変化,デジタル機器導入の予算,ライフスタイルの変化などについて知ることができます。既にデジタル機器を導入している方はさらなる活用の指針として,これからラボのデジタル化を検討している方は,導入のシミュレーションとして活用いただける一冊です。

    2020年12月
    A4判 148頁
    6,490円(税込)

SASAKI

ササキ株式会社

Copyright(C) SASAKI Co., Ltd All rights reserved.