製品情報

製品一覧ページへ

歯科用パルス発振型 Nd:YAGレーザーシステム インパルスネオ歯科用パルス発振型 Nd:YAGレーザーシステム インパルスネオ

歯科におけるレーザー治療が日本に紹介されてから30余年
近年レーザーと専門的な歯科治療を組み合わせることで
効果的な治療の分野が広がっています

効果的な治療に力を発揮する
Nd:YAGレーザー

レーザーには様々な種類の装置があり、それぞれの特徴があります。Nd:YAGレーザーは血液中のヘモグロビンとメラニンのような黒色色素に吸収され熱に変換されます。このレーザーを安全に治療で使用できるよう開発されたのが、瞬間的に高出力を発生させるパルス発振(瞬間的に高出力照射を繰り返す)システムです。パルス発振システムは高出力エネルギーを安全に使用する為に重要な役割を持っています。この光の特性と発振システムによって効率的に止血・凝固・蒸散・切開が可能になります。

※日本口腔外科雑誌 Nov.2009 神戸大学大学院医学研究科外科系講座口腔外科学分野
「Nd: YAG レーザーによる光凝固療法を行った 口腔領域血管腫20例の臨床評価」

歯科用パルス発進型Nd:YAGレーザーシステム インパルスネオ

インパルスデンタルレーザーのパルス発振システムでは1パルスあたりの照射時間は様々な種類のレーザーの中でも非常に短時間の照射を可能にしています。1パルスあたりの照射時間は1/10,000秒–100μ秒(繰り返しパルス-Hz)。このパルスの発振回数(5Hz〜100Hz毎秒)と1パルスあたりのエネルギー(ミリ・ジュール-mJ)量(20mJ〜200mJ)を組み合わせることで、症例に合わせた最適な設定で治療を行えます。

歯科用パルス発進型Nd:YAGレーザーシステム インパルスネオ

パルス波

パルス波

用途に合わせた照射方法

インパルスデンタルレーザーは水分に作用を阻害されることが少なく、接触法および非接触法の使い分けで硬組織と軟組織が複雑に絡み合った口腔内での治療に最適です。

用途に合わせた照射方法

途に合わせた照射方法

タッチパネル

操作しやすいタッチパネル

タイマー、出力調整などすべての操作をタッチパネルで行えます。メモリー機能も搭載で治療目的ごとに照射条件をセットしておくことも可能です。

タッチパネル

ファイバーについて

ファイバーについて

保険算定項目・算定基準

口腔粘膜処置
(1口腔につき)
30点
◆再発性アフタ性口内炎小アフタ型病変にレーザー照射を行った場合
◆2回目以降は、前回算定日から起算して1カ月経過した日以降に算定
◆前回算定した日の属する月に、前回照射した部位と異なる部位に対する当該処置の費用算定はできない
レーザー機器加算1
50点
「歯肉、歯槽部腫瘍手術(エプーリスを含む)-軟組織に限局するもの」
「浮動歯肉切除術(3分の1顎程度、2分の1顎程度)」
「舌腫瘍摘出術(粘液嚢胞摘出術)」「口蓋腫瘍摘出術(口蓋粘膜に限局するもの)」
「頬、口唇、舌小帯形成術」 「口唇腫瘍摘出術(粘液嚢胞摘出術)」
「頬腫瘍摘出術(粘液嚢胞摘出術)」「がま腫切開術」
レーザー機器加算2
100点
「歯肉、歯槽部腫瘍手術(エプーリスを含む)-硬組織に及ぶもの」
「浮動歯肉切除術(全顎)」「舌腫瘍摘出術-その他のもの」
レーザー機器加算3
200点
「口腔底腫瘍摘出術」 「口蓋腫瘍摘出術(口蓋骨に及ぶもの)」
「口蓋混合腫瘍摘出術」 「口唇腫瘍摘出術」(その他のもの)」
「頬腫瘍摘出術(その他のもの)」「頬粘膜腫瘍摘出術」
「がま腫瘍摘出術」「舌下線腫瘍摘出術」
口腔粘膜血管腫凝固術 2000点
※令和4年4月1日現在

レーザーを選ぶ際の重要なポイント

レーザーを選ぶ際の重要なポイント

1.どのレーザーを選べばよいだろうか?

レーザーの種類を選ぶのではなく、どの治療のどの部位にどの段階でレーザーを使いたいのかをご検討下さい。それぞれの装置の形状や特性があるので、先生の使いたい治療に合う装置を選ぶことが大切です。

レーザーを選ぶ際の重要なポイント

レーザーを選ぶ際の重要なポイント

2.自分の歯科医院で
レーザー治療の需要はあるだろうか?

レーザーは特殊な治療の為ではなく、これまでの治療の延長線上にある治療です。専門医の先生ではなくGPの先生の治療にもたくさん使っていただけるケースがあります。

3.使い勝手はどうでしょう?

レーザー装置は機種や種類によって操作性が異なります。実際に手に取って、その使い勝手を確認してから導入をご検討下さい。

レーザーを選ぶ際の重要なポイント

レーザーを選ぶ際の重要なポイント

4.レーザーを導入する事で診療体系を変えたり、
スタッフへの教育プログラムは必要ですか?

レーザー治療をこれまでの治療に組み入れても、大きく診療体系を変える必要はありません。移動が容易で、起動も早いので、ストレスなく現在の治療に付属してお使いいただけます。またレーザーは医療機器なので先生のみが使い方を習熟していただければ問題ありません。スタッフの皆様には安全性に関する知識とどのような治療に使うかという点を理解をしていただければ大丈夫です。

レーザーを選ぶ際の重要なポイント

レーザーを選ぶ際の重要なポイント

5.アフターサービス体制は万全か?

インパルスデンタルレーザーは米国工場で開発・生産しインサイシブジャパン株式会社によって輸入、販売しております。レーザー装置は比較的故障の少ない長期間の使用に耐える装置ですが、万が一メインテナンスが必要になった場合でもご安心ください。インサイシブジャパン社のトレーニングを受けた専門スタッフによって確実なメインテナンス、修理およびサービスをお約束致します。
また使用に関してもセミナーなどを通して随時新しい情報をご提供しています。

インパルス デンタルレーザー 仕様

インパルス デンタルレーザー 仕様

インパルス デンタルレーザー 仕様

【主な仕様】

名  称 インパルス デンタルレーザー
主たるレーザー光 Nd:YAGレーザー
波  長 1064nm
出  力 最大6W
ガイドレーザー光 半導体レーザー
パルス/秒 5~100ヘルツ(pps)
パルスエネルギー 20~200ミリジュール(mj)
定格電圧 単相100VAC
周波数 50/60Hz
消費電力 800W(電流8A)
外形寸法 幅324×奥行343×高さ983(mm)
重  量 20.4kg
電撃に関する保護 クラスI・B形
医療機器承認番号 21700BZY00507000
機器の分類 高度管理医療機器
特定保守管理機器(設置)

【使用環境】

  使用時 移動/保管時
温  度 10~40℃ 10~60℃
湿  度 30~75% 10~100%
  • ※凍結及び結露させない事

【付属品】

  • スポットファイバー
  • ハンドピース
  • カニューラ(20個入り)
  • 保護メガネ(術者、アシスタント及び患者用)
  • ストリッピングツール
  • クリービングツール
  • 冷却水ボトル

お問い合わせフォーム

STEP1 お客様情報→STEP2 記入内容の確認→STEP3 完了STEP1 お客様情報→STEP2 記入内容の確認→STEP3 完了

は必須入力項目です。 機種依存文字、半角カナはご使用にならないで下さい。

「パルス発振型Nd:YAGレーザーシステム インパルスネオ」のお問い合わせ

お名前  

お名前は入力必須です。

メールアドレス

メールアドレスは入力必須です。

正しい形式のメールアドレスを入力してください。

メールアドレス(確認)

メールアドレス(確認)の入力は必須です。

確認用のメールアドレスが一致していません。

電話番号(携帯可) -  -  連絡のできる番号をご記入ください。

電話番号を入力してください。

電話番号は半角数字で入力してください。

職種

職種を選択してください。

貴院・勤務先

勤務先を入力してください。

貴院・勤務先ご住所
(※ご自宅でも可)
郵便番号 -  

郵便番号は入力必須です。

郵便番号は半角数字で入力してください。

都道府県

都道府県を選択してください。

市区町村

市区町村は入力必須です。

丁番地以降

丁番地は入力必須です。

ご要望 (複数回答可)

ご要望項目を選択してください。

お問い合わせ内容

お問い合わせ(ご相談)内容を入力してください。

ササキWEBマガジンでは、イベント・セミナー情報をはじめ、皆様のお役に立てる情報を配信させていただきます。

※いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、責任をもって安全かつ適正に取り扱いいたします。

  • オリジナルユニット meluco U plus
  • インパルス デンタルレーザー
  • アストラテック インプラントシステム
  • SASAKI オリジナル商品
  • セクレタリーNext
  • セクレタリーPlusⅡ
  • セクレタリーPlusⅢ